テレビ鑑賞をしつつトゲぬきで膝毛をちょこちょこ抜毛

テレビ鑑賞をしつつトゲぬきで膝毛をちょこちょこ抜毛しているときれいなヒザでいられます。意外と両膝のムダ毛は処理が面倒です。平らじゃないし肌自体がよく動くのでしかたがありません。どんどん膝小僧のムダ毛ケアをやりたくなくってしまいます。このままでは良くないと感じたので、TV番組を流してリラックスしている時にトゲぬきを利用して膝毛を抜いています。痛さを伴うので温めたタオルをのせて毛穴を開いてからお手入れしています。痛さを伴わない無駄毛もあればなかなか抜けずに痛くなるむだ毛もあります。剛毛でもスッと抜けると助かるんですよね。近ごろはそういうやつを判別できるようになりました。頻繁に膝毛を抜いていると少しずつ分かってくるものです。太毛でなくてもこの毛はなかなか抜けないだろうと思う毛は、ホントに引き抜きづらく中途半端に千切れてしまう場合もあります。膝部分だけですから、気分を上げつつマイペースで始末するのがいいだろうという意識でいます。

ムダ毛をお手入れした後にそこの毛を伸びにくくするという美容アイテムが売っているようです。多様なコスメが売られているんだなぁと感心させられますが、私はそういう類いを買いたいとは思いません。「現時点では」という話ですが…。ムダ毛を剃刀でお手入れしたら、その箇所には小さな傷ができています。少しも肌にキズが残らない状態は考えらません。ガードが付いていたとしても刃は肌に当たっているのですから肌にキズが付かないことは無いのです…。肉眼では見えないけれど、剃刀を滑らせた肌にはわずかな傷がいくつもできているのです。特に肌のたるみが気になる場所にはより多くの切傷ができている可能性があります。脇毛を剃ったあとに制汗剤を塗ると、痛みが出てたまに刺激を感じてしまうのはそのせいです。ということで、肌が傷を負っているのにその肌に毛が伸びづらくなるローションかクリームかどちらでもいいですが、そういうものは恐ろしくて付けられません。肌への刺激が気になるのです。

皆様は「脱毛サロン」の、どのメニューに関心をお持ちでしょう。わたしはずっと過去から「脱毛」について気になるところです。実はまだ十代のころにウデの毛をカミソリを使い処理していたことがあり、このときから次に生えてくるむだ毛の質が太くなっているように感じました。その時既に処理をしている状態でしたから、無毛にならず、何回くらい剃刀を使って処理をしたのかわかりません。結果的に、まさに剛毛化という感じになり劣等感を持つようになりました。それから何年かたった後、30になったころから「エステ」に行っています。私がウデの脱毛をするのに行っているエステは、会員制のサロンです。両ウデを脱毛する場合は、脱毛箇所が選べるオーダーメイドにしました。3~4回施術を受けた位から、意外と毛が薄く細くなった感じはするのですが、やはり再び毛は生えてきます。担当の方から説明してもらいましたが、腕の場合は十回位の脱毛施術をしたらきれいになるという事でした。

私は物凄くむだ毛があるので、連日の対処が面倒臭いです。毛の始末なんて数日に一度やれば良いと思っている毛の薄い人もいると思いますが、ムダ毛がすごいと絶えず真面目に処理しないとすぐさま伸びてくるから大変です。特に初夏から秋にかけての薄着になるような季節には、ムダ毛処理に手落ちはないか、残り毛とかがないか毎日とても心配になります。しかもお手入れって相当時間や労力を必要とするし、もうこのセルフケアの呪縛から解放されたいです。そこで思い付いたのが脱毛処理です。脱毛の施術を受けてしまえば、もう自身で除毛しなくてもいいのです。脱毛サロンだと暫くしたらむだ毛が出てきそうなので、医療系の美容外科でレーザー脱毛をしようかなぁと思っています。ただ医療レーザー脱毛は刺激が強いと言われているので、そこだけちょっと難点です。実際やってみたいなとは思いつつも、痛さを考えるといまいち踏み切れないでいます。けれどこうなったら踏ん切りをつけるしかないですよね。勇気を出して、早めに予約をしたいと思います。

参考:キレイモ 川崎
URL:https://www.chinahuntravel.com/